おりものが臭う時に疑う病気は?

女性ならば誰しも気になるのが、おりもののにおいだと思います。特ににおいが強かったり、嫌なにおいがする場合には不快ですよね。何らかの婦人系疾患がある場合などでも、おりもののにおいに影響が出てくることがあります。そのため、嫌なにおいが強すぎたりするときには注意したほうがよいでしょう。

 

日頃のおりものの状態の把握を

おりものは体調の変化などでも状態が変わるため、日頃のおりものの状態は自分の健康を把握し、管理するための重要なツールであるともいえます。わずらわしいおりものがなければいいと思う女性もいらっしゃるかとは思いますが、おりものにはこのように健康のひとつの重要な指標としての役割があります。

 

おりものは婦人系の疾患が発症したときはもちろん、体調に何かしらの変化があった場合にもおりものに反映されることが多くあります。このような場合、おりものに何らかの病気や体調の変化の兆候があったとしても、日頃から自分のおりものの状態を把握していない女性はこの変化に気づくことができないかもしれません。

 

異常のないおりもの

おりものは、通常無色透明であることがほとんどですが、白く濁ったようなおりものが生じてもこれは心配することはないと思います。においに関しても、個人差はあるので、健康であってもなかにはにおいの強い方はいます。多少すっぱい感じのにおいがしてもこれは異常ではありません。

 

今述べたようなおりものが異常でない、普通の状態のおりものといえます。この状態のおりものを基本に考えていただき、日頃のおりものがどのように変化をしているかを確認するとよいと思います。おりものは体調や病気だけでなく、女性ホルモンの影響も受けるため、生理周期や排卵期でもおりものに変化が生じることがあります。

 

婦人科系疾患とおりものの関連性

膣カンジダ症の場合

膣カンジダ症は、からだの抵抗力が下がってしまい、膣内がカンジダ菌に感染することで発症します。膣カンジダ症になってしまうと、おりものは固形状になる場合が多いです。無理な体重減量でもからだの抵抗力は低下してしまうため、若い女性のカンジダ菌感染が多くなっています。

 

トリコモナス膣炎の場合

トリコモナス膣炎でのおりものの特徴的な変化は色とにおいです。通常のおりものでもわずかに黄みがかったおりものであれば問題ないかと思いますが、トリコモナス膣炎の場合はより黄みが強くなります。あるいは、緑を帯びたようなおりものが生じることも特徴のひとつです。

 

においについては、強い生臭さを感じることが多いです。そのほかの症状では外陰部の強い掻痒感を生じるという特徴があげられます。

 

クラミジア感染症の場合

進行性の疾患であるクラミジア感染症では、おりものの色と性状に変化が現れます。膿が混ざっておりものとして分泌されることも多いため、色は黄みを帯び、その性状はより粘性の高いゼラチン様になることが多いです。クラミジア感染症はそのほかの婦人系器官にも影響を及ぼし、感染が拡大していくため、普段とは異なるこのようなおりものの状態に気づいたら、早急に病院へ行くようにしてください。

関連ページ

排卵期と排卵日でオリモノはどう変わる?
独特で嫌なおりものの臭いを徹底的に解消しましょう。正しいケアを継続的に行うことでおりものの臭いは確実に改善することができます。人気と効果の高いおすすめ商品をランキングスタイルでお伝えします。
ピンク色のおりものだった時の原因
独特で嫌なおりものの臭いを徹底的に解消しましょう。正しいケアを継続的に行うことでおりものの臭いは確実に改善することができます。人気と効果の高いおすすめ商品をランキングスタイルでお伝えします。
ストレスとおりものの関係について
独特で嫌なおりものの臭いを徹底的に解消しましょう。正しいケアを継続的に行うことでおりものの臭いは確実に改善することができます。人気と効果の高いおすすめ商品をランキングスタイルでお伝えします。
おりものの臭いとSEXの関係
独特で嫌なおりものの臭いを徹底的に解消しましょう。正しいケアを継続的に行うことでおりものの臭いは確実に改善することができます。人気と効果の高いおすすめ商品をランキングスタイルでお伝えします。