ピンク色のおりものだった時の原因

おりものが異常かどうかを判断する要因には大きく分けて4つの要素があります。1つ目におりものの量、2つ目に粘性、3つ目に色、そして4つ目ににおいです。これらの変化に注意しなければなりません。おりものの変化は婦人系の疾患の重要な兆候となる場合があります。

 

ピンク色のおりものが生じる要因

おりものは、通常無色透明です。場合によっては白く濁ったような色や黄みがかったこともあります。ピンク色になった場合などは何らかの病気も考えられる可能性があるため注意する必要があるでしょう。

 

血が混じったおりもの

ピンク色のおりものが生じた際に最も考えられるのは、血液がおりものに混ざった場合です。一般的におりものは無色透明ですので、血が混じると血液の赤色によりピンク色になる可能性があります。月経の終わりの方になると、このように血液が混じったおりものが分泌される可能性もあります。この場合は特に心配する必要はないでしょう。しかし、月経など考えられる要因がない場合に、このようなピンク色のおりものが生じた場合は何らかの疾患の兆候かもしれないため、注意する必要があります。

 

ピンク色のおりものと関連性のある疾患

おりものがピンク色になる場合、考えられるのは子宮頚がんや、子宮体がん、子宮頸管ポリープなどです。

 

子宮頚がんや子宮体がんでは、ピンク色のおりもののほか、おりものの分泌量やにおいにも変化が生じます。おりものの量は急に多くなり、においもきつくなることがあります。このような異常が確認される場合は、早急に病院に行き診察や検査をしたほうがよいでしょう。

 

子宮頸管ポリープは、がんにはなっていませんが、そのポリープからの出血が考えられます。この出血により、血がおりものに混ざることでピンク色のおりものが分泌される場合があるのです。子宮頸管ポリープについては、なぜ発症するかなどまだ明らかになっていないことが多いですが、ひとつの兆候として、ピンク色のおりものが生じる可能性があると言えるでしょう。

 

ピンク色のおりものになるその他の要因

これまで述べたように、がんやポリープなどの疾患によってピンク色のおりものが生じる可能性があります。一方で、このような疾患以外にも「萎縮性膣炎(老人性膣炎)」とよばれる、加齢が原因で発症するような疾患でもピンク色のおりものが生じることもあります。疾患でなくとも、ストレスが多い場合にも出血することがあります。

 

萎縮性膣炎とおりもの

萎縮性膣炎は、加齢に伴って生じる疾患であり、重い病気ではありませんが、症状としてはピンク色のおりもののほか、においが強くなったり、かゆみを感じることもあります。

 

ストレスとおりもの

ストレスが多い場合にもピンク色のおりものが生じる場合があります。一見、ストレスと出血が結びつかないように思いますが、例えばストレスと肌荒れ等で考えるとわかりやすいかと思います。ストレスが多いと、肌荒れが起こりますよね。その肌荒れは、場合によっては出血を伴う場合があるかもしれません。同様に、ストレスによってホルモンの均衡が崩れ、肌荒れのような症状が子宮内膜において起こり、子宮内膜が増殖したり、剥がれ落ちることで出血を生じることがあるのです。

 

ストレスは、生活習慣病を引き起こす要因にもなりますので、ストレス解消のために何らかの対策を行うことも大切でしょう。

関連ページ

排卵期と排卵日でオリモノはどう変わる?
独特で嫌なおりものの臭いを徹底的に解消しましょう。正しいケアを継続的に行うことでおりものの臭いは確実に改善することができます。人気と効果の高いおすすめ商品をランキングスタイルでお伝えします。
ストレスとおりものの関係について
独特で嫌なおりものの臭いを徹底的に解消しましょう。正しいケアを継続的に行うことでおりものの臭いは確実に改善することができます。人気と効果の高いおすすめ商品をランキングスタイルでお伝えします。
おりものが臭う時に疑う病気は?
独特で嫌なおりものの臭いを徹底的に解消しましょう。正しいケアを継続的に行うことでおりものの臭いは確実に改善することができます。人気と効果の高いおすすめ商品をランキングスタイルでお伝えします。
おりものの臭いとSEXの関係
独特で嫌なおりものの臭いを徹底的に解消しましょう。正しいケアを継続的に行うことでおりものの臭いは確実に改善することができます。人気と効果の高いおすすめ商品をランキングスタイルでお伝えします。