排卵期と排卵日でオリモノはどう変わる?

多くの女性は排卵期がおとずれたことに何らかの方法で気づくでしょう。おりものの分泌量などの状態も排卵期のおとずれに気づくひとつの指標です。

 

排卵は女性特有にからだに起こることなので、排卵日や排卵期がいつきたかは女性自身が最もよく把握することができます。子どもを望んでいる夫婦にとってこの排卵日や排卵期を把握することは重要になります。

 

指標としてのおりものの分泌量

排卵期にはおりものの量に変化が生じます。排卵期前からだんだんと分泌量は増え、その量は排卵周期で最も多くなります。これを指標として排卵日や排卵期を把握することが可能になります。

 

おりものは受精の際に重要な役割を果たします。精子が膣内を進み、卵子まで到達するには様々な障害がありますが、精子はおりものによって包まれることにより、この過程を乗り越え、卵子まで到達し受精することができるのです。このような仕組みにより、おりものの分泌量が増加することは妊娠しやすい環境になるため、排卵期に分泌量が高まるのです。

 

排卵期におけるおりものの性状

おりものには粘性がありますが、特に排卵期にはその粘性が高まります。その性状はゼラチン状であり、触るとやや糸を引いたような状態になります。色やにおについては通常、無色透明で無臭の場合が多く、個人差はあれど、基本的には排卵期でも変化はありません。

 

分泌量と排卵期は必ずしも相関するものではない

おりものの分泌量は排卵期を知るひとつの指標ですが、分泌量が増えないからといって心配することはありません。分泌量と排卵期は必ずしも相関するものではないのです。おりものは個人差が大きく、体調など様々な影響を受けて色やにおい、性状などその状態は変化します。排卵期以外の要因も関わってくるため、おりものの量が増えないから排卵がないということはなく、分泌量が増加しなくても排卵は行われます。

 

あくまで排卵日や排卵期を知る、ひとつの指標として捉えたほうがよいでしょう。心配のしすぎも禁物です。

 

おりものが与える情報

これまでに述べたように、おりものの色やにおい、性状の変化により様々なことを知ることが可能になります。そのひとつとして排卵期を把握できる、という例をあげましたがこの事例も、分泌量が増えれば必ず排卵期である、ということを示しているわけではありません。体調など、おりものの性状はからだの微妙な変化によって異なってきます。

 

排卵期に必ずおりものの量が増えるといったきまりはなく、おりものは微妙な体調の変化、疲れや風邪のひきはじめ、なんとなく体調が悪いときなどにも色やにおい、性状が変化します。したがって、体調の変化のバロメーターにもなるため、急におりものの量が増えた場合などは自分の体調を見直すことも考えたほうがよいかもしれません。

 

おりものの色やにおい、量が急に変化する病気等もありますのでいつもと違うと感じたら病院で診てもらったほうがよいでしょう。

 

おりものと妊娠

おりものは排卵期を知るひとつの指標にはなりますが、妊娠しているかの指標にはなりません。妊娠しているかどうかは、産婦人科での検査によってしっかり判断するようにしましょう。

 

あくまでおりものは「目安」です

おりものの変化に注目することは、排卵期を把握したり、自分自身の体調の変化を把握するのには必要なことです。しかしながら、あくまで「目安」であり、おりものの量や性状だけで妊娠しやすい、妊娠しにくいを判断しないでください。おりものの量が少ないからといって、排卵がないというわけではなく、妊娠する場合もあります。避妊したい場合などは、おりものだけで判断しないように注意してください。

関連ページ

ピンク色のおりものだった時の原因
独特で嫌なおりものの臭いを徹底的に解消しましょう。正しいケアを継続的に行うことでおりものの臭いは確実に改善することができます。人気と効果の高いおすすめ商品をランキングスタイルでお伝えします。
ストレスとおりものの関係について
独特で嫌なおりものの臭いを徹底的に解消しましょう。正しいケアを継続的に行うことでおりものの臭いは確実に改善することができます。人気と効果の高いおすすめ商品をランキングスタイルでお伝えします。
おりものが臭う時に疑う病気は?
独特で嫌なおりものの臭いを徹底的に解消しましょう。正しいケアを継続的に行うことでおりものの臭いは確実に改善することができます。人気と効果の高いおすすめ商品をランキングスタイルでお伝えします。
おりものの臭いとSEXの関係
独特で嫌なおりものの臭いを徹底的に解消しましょう。正しいケアを継続的に行うことでおりものの臭いは確実に改善することができます。人気と効果の高いおすすめ商品をランキングスタイルでお伝えします。