おりもの正体と女性ホルモンとの関連性

女性特有のおりものは一般的にはだいたいその性状は同じですが、個人差があるのも事実です。よって、一般的なおりものと自分のおりものを比較したときに異なっていても心配することはないと思います。とはいえ、急におりものの色やにおいなど、性状が変化した場合には気をつけてみたほうがよいでしょう。

 

おりものの正体とは

おりものは、女性にとっては少しわずらわしいものかもしれません。おりものがなければいいのに、と思ったしまう方もいると思いますが、女性のからだにとっておりものが分泌されることはちゃんと意味のあることなのです。また、おりものは自分自身の健康を知るひとつの指標になります。色やにおい、量などから自らのからだの状態を知ることができます。

 

注意が必要な変化は、おりものの量が極端に増えたり、いつもと異なる色になっていたり、においがかなり強くなっていたりする場合です。おりものの大切な役割を理解することで、上手におりものと付き合っていきましょう。

 

おりものの成分

膣内から分泌されるおりものについて、実際のところよく分かっていない女性は多いでしょう。おりものは一体どのようにつくられるのでしょうか。

 

女性の子宮頸管の粘膜や膣の粘膜、子宮内膜からは粘液が分泌されます。これがおりものなのですが、構成成分としては古い細胞や外陰部からの皮脂腺や汗腺から分泌される皮脂や汗、粘膜で成り立っています。おりものはこれらが混ざった粘液なのです。

 

したがって、色やにおいがわずかにあることはおかしなことではなく、むしろ自然です。しかし、色やにおい、量などの性状が普段とは違うと感じた場合には注意すべきでしょう。おりものは婦人系の重要な器官から分泌されているため、これらの場所が病気など何らかの原因で異常が生じた場合にも、おりものに変化があらわれると考えられるからです。

 

女性ホルモンとおりものの関係

おりものは、女性ホルモンと密接に関わっています。したがって、生理周期や排卵周期などによっても変化がみられるのです。病気などによる影響でもおりものの性状は変わってきますが、病気でなくともホルモンの均衡が崩れてしまった場合にはおりものの色やにおい、分泌量などに変化が生じることがあります。

 

年齢とおりもの

おりものについてはその色やにおい、性状など気になることはたくさんあるでしょう。中でも特におりものの分泌量については悩みが尽きないかもしれません。長く付き合っていかなければならないおりものだからこそ、その量について気になるのは当然のことです。

 

おりものの分泌量は個人差はありますが、加齢とも関係しています。おりものは女性ホルモンと密接に関係しており、女性ホルモンの働きが活性化されるとおりものの分泌量も増加します。この女性ホルモンは20代、30代で働きが活性化しているため、この年代ではおりものの分泌量が多いといえます。また、においが最も強くなるのは30代だといわれています。年齢以外におりものの分泌量に影響を与える要因は排卵期で、排卵期には一般的にはおりものの量は増えるとされています。

関連ページ

おりものが匂う時の誤った洗い方
独特で嫌なおりものの臭いを徹底的に解消しましょう。正しいケアを継続的に行うことでおりものの臭いは確実に改善することができます。人気と効果の高いおすすめ商品をランキングスタイルでお伝えします。
オリモノが匂う時は食事から見直す
独特で嫌なおりものの臭いを徹底的に解消しましょう。正しいケアを継続的に行うことでおりものの臭いは確実に改善することができます。人気と効果の高いおすすめ商品をランキングスタイルでお伝えします。