おりものが匂う時の誤った洗い方

女性に特有のおりものは体の中から分泌されるため、においを改善することはとても難しいことです。しかし、このおりもののにおいに悩まされる女性は多いと思います。おりものそのもののにおいを改善することはなかなか難しいため、視点を変えてデリケートゾーンのにおい改善から考えていきましょう。ここでは注意すべき点がひとつあります。

 

洗いすぎは禁物

においの強いおりものが生じると、どうしても徹底的に洗いたいと思ってしまうのは当然だと思います。しかしながら、女性のデリケートゾーンは非常に繊細です。

 

石鹸は使用しない

ボディーソープでからだを洗う際、そのままデリケートゾーンもボディーソープで洗ってしまいがちです。特に、おりもののにおいが気になるときには、そのにおいを落としてしまおうとデリケートゾーンを念入りに洗ってしまう方も多いのではないでしょうか。

 

私たちが普段使用しているボディーソープはデリケートゾーンを洗うにはとても洗浄力が強いのです。ボディーソープで洗浄してしまうと、膣内の皮膚が炎症してしまう恐れがあります。すると、においを抑えるどころか逆ににおいの元となってしまいます。したがって、石鹸でデリケートゾーンを洗うのは禁物です。

 

念入りに洗いすぎない

デリケートゾーンは先ほど述べたように私たちが思っているよりもずっと繊細です。どうしてもにおいを抑えたいと思うあまり、念入りに力強く洗ってしまいがちですが、このような洗いかたをしてしまうと、繊細な皮膚が傷ついてしまいます。これは皮膚の炎症などの問題を引き起こしてしまうかもしれません。よって、念入りに力強く洗うのは絶対にやめてください。

 

力強くゴシゴシと洗ってしまうと、思わぬ皮膚トラブルを招き、デリケートゾーンのにおいはより強くなり、結果として分泌されるおりものもにおいが強くなってしまうかもしれません。

 

内部まで洗うのは厳禁

膣には自浄作用というものがあります。これは、本来膣そのものが備えている、自らの雑菌への対処方法です。

 

構造上、膣はどうしても雑菌が入りやすい形になっているため、外部からの雑菌の侵入に対処するために自浄作用を備えているのです。念入りに膣の内部まで洗浄してしまう行為は、この自浄作用の妨げとなります。おりもののにおいが気になるからといって、膣内部まで洗ってしまうとせっかく備わっている自浄作用を台無しにしてしまいます。

 

膣内部の洗浄は専用の洗浄剤で

しかしながら、おりもののにおいが強いとやはり膣の内部まできれいに洗いたいと思ってしまう女性がほとんどだと思います。このような場合は、洗浄力の強い石鹸やボディーソープではなく、専用の膣洗浄剤を使用しましょう。

 

膣洗浄は産婦人科でも施されることがありますが、この場合にも専用の膣洗浄剤が使用されています。インターネットを通して私たちも専用の膣洗浄剤を入手することが可能になっていますので、膣の内部まで洗いたいという女性は専用の膣洗浄剤を用いて適切に洗浄しましょう。

関連ページ

オリモノが匂う時は食事から見直す
独特で嫌なおりものの臭いを徹底的に解消しましょう。正しいケアを継続的に行うことでおりものの臭いは確実に改善することができます。人気と効果の高いおすすめ商品をランキングスタイルでお伝えします。
おりもの正体と女性ホルモンとの関連性
独特で嫌なおりものの臭いを徹底的に解消しましょう。正しいケアを継続的に行うことでおりものの臭いは確実に改善することができます。人気と効果の高いおすすめ商品をランキングスタイルでお伝えします。